Posts Tagged The Album Leaf

FUJI ROCK FESTIVAL ’16

ここ何年かで最高のラインナップ!と思っていたはずなのに、けっきょく直前に2日目だけ。
ひさしぶりの新幹線とシャトルバス。とにかく晴れてよかった。

うっすらも含めて観たのはTom Odell、The Album Leaf、ROVO、Travis、Wilco、EGO-WRAPPIN’、Tortoise、Squarepusher、ホテルニュートーキョー+toe、Alex Paterson。

目当てはおもにバムリフ。バンドでやることをJimmy本人から事前に教えてもらうことができて。もちろんドラムは、大好きなThe Mercury Program/TextualのDave LeBleu。今回こそ観よう!と。ちなみにあと2人のメンバーはThe Black Heart ProcessionやThree Mile Pilotでプレイしていた人。
2007年フジのキャンセルもあったし、観るのは10年ぶり。レッド一杯のお客さんの中で、ついにバンドセット。Daveのドラミング。ライブ全体ではOuter Banksが一番よかった。フィジカル。感動はもうひとつ。Brennivinをやってくれたこと!行く途中の新幹線で「いま苗場向かってるよ 今日Brennivinやってほしい!」ってつぶやきを書いて。実現したライブが終わって、もともとセットに入っていただけかもな~とも思いながら。そしたら深夜、ピラミッドガーデンで朝を待つあいだに、「We did!」って返事が!ありがとうJimmy。

* The Album Leaf Setlist @ Fuji Rock Festival ’16
* THE ALBUM LEAF | FUJIROCK EXPRESS ’16

それとそれと。オアシスでDaveと話できる時間があって。今年か来年新譜出すかもってこと、Dirty South Still Lifeっぽい作品になることを教えてくれた。メロウな感じってことかな。たのしみ!

* The Album Leaf / The Mercury Program / Textual

今年はフジ、単独も含めてポストロックバンドが多く来日って話題があって。Dylan Group、GY!BE、Mogwai、Yndi Halda、Album Leaf、Tortoise、Deafheaven、EITS… 秋から年末にかけても、pg.lost、TTNG、65dosなど。
確かにってうなずけるところと、ありがたい気持ち、の一方で、地位を確立した人たちがほとんどだなあという印象も正直。これから!って人の来日はやっぱり減った。日本のバンドもまた、たくさんいなくなってしまった。だからさびしいというよりは、最近よく思うのは、好みの音のジャンルが隆盛していた時期を体験できてよかったなあってこと。

できてからはじめて行ったピラミッドガーデン。え、ほんとにあるの…?って心が折れそうになるくらい遠かったけど、着いてみるととてもいい場所だった。そこで観れたホテルニュートーキョー + toeのライブすばらしかった。

ホテルニュートーキョー + 山㟢廣和 / 柏倉隆史 (toe) – グッドバイ

, , , , , , , , , ,

Leave a comment

Commute


The Mercury ProgramのドラムさんDave Lebleuのソロプロジェクト、Textualの新作。

* [release/listen] Textual | Commute | CD Baby

デジタルリリースのみの6曲入りアンビエント作品。としか言いづらいかな…これはこれでしずかな時間に合うので良いけど、一時期のようなメロウなのをやってほしいなあ。

書き足すことがあるとしたら、CD BabyがiPhoneで試聴できたことにおどろいたのと(今ではbandcampやsoundcloudもできるから、試聴は重たいmyspaceを使わなくなってきてる)、去年知った情報でDaveがThe Album Leafのドラムとして参加してたこと。
今はちがうぽいんだけどメンバークレジットにも去年載っていて、たぶんだけどメタモにも参加してたんじゃないかな。行きたかったなあ。

オフィシャルサイトがtumblrに移行していて、Discographyに「2011:: Sunspots :: digital only * coming soon」とあるので今年もう1作品出そう。

Textual tumblr / myspace

++++++++++

* [release/listen] Mombaccus「Mombaccus EP」 – iTunes

Saxon ShoreのMatt Dotyのソロプロジェクト。試聴したら、ゆったりきらめいてそうな音。これもデジタルリリースのみなのかな…。むむ

++++++++++

そいえばおとといひょんなことから、Heliosの奥さんのHollieさんから、ちょっと奥さんそれ言っていいのかしら…な来日情報いただいた。今年秋のtaicoclub@新潟に来るかもだそうです。おそらくあわせて東京でのライブも。Mint Julepのアルバムも出るし、そちらでのライブもあるといいな。おととし会ったこと覚えててくれてうれしかったな…。

今日はcuushe氏のライブお誘いいただいて行くつもりだったのだけど、いまだに風の精がわるさを。今週末はもうL’Altraだ。感動ふたたび、なるでしょうか。なるよね

, , , ,

2 Comments

polyvinyl lovers

Remixes / Headlights 01510_am_football_019

あられれ。気づいたらHeadlightsのリミックスアルバムが12/9にリリース!リミキサーのラインナップもそそられます。1000枚限定だそう。1曲聴けます。

Remixes / Headlights

01. Cherry Tulips by TJ Lipple
02. Owl Eyes by The Buddy System
03. Market Girl by The Album Leaf
04. School Boys by Cale Parks
05. Towers by Uzi & Ari
06. Everybody Needs a Fence to Lean On by Via Satellite
07. So Much For the Afternoon by Casiotone for the Painfully Alone
08. TV by Son Lux
09. Put Us Back Together Right by Ruby Isle
10. On April 2 by Jason Caddell
11. Your Old Street by Spinnerty
12. Get Yer Head Around It by The Show is the Rainbow
13. Tokyo by Brett Sanderson

official / myspace

++++++++++
しかもAmerican FootballのEPがレコードで再発!なんで? あと前身バンドのも。Polyvinylからはいつも目がはなせません。Asobi Seksuの新作とかOf Montreal来日もだしね。

* American Football 12″ EP
* The One Up Downstairs 7″
* of montreal japan tour 2009

++++++++++
今週月曜、f.s.blummの東京公演いってきました。いろんな道具を使って音を重ねていく、観るのも聴くのもたのしいマジカルなライブ。笑顔をもらいました。対バンもまたハイクオリティで、いいイベントでした。

今日はsheeprintを観にいってきます。

, , , , , , ,

Leave a comment

各種新譜情報

こないだのThe Album Leafのニューアルバム情報のつづき。Sub Pop盤は09/12、City Slang盤はドイツが09/08、それ以外のヨーロッパでは09/11リリース。まあ買うのは値段的にSub Pop盤だとおもうので09/12、と。

GutherGiardini Di MiroにつづきThe Album Leafも9月、と。あとはStyrofoamも9月あたりという話が。去年の秋もいろいろ良いリリースが続きましたが、今年もすごそう。

いまのところでほかにリリース情報が出てるとこだと、Textualが2000年から2003年の音源を3″ CD-Rでそのうち出すとか、Pacific UVもさすがにもうそろそろのはず。

WheatEveryday I Said A Prayer For Kathy And Made A One Inch Square / Wheat

そしてWheatがついに。

2003年に出した3rdアルバム以来リリースがありませんが、myspaceなどでアナウンスもなにもないのに、ひそかにオフィシャルがリニューアルされてて。まさかなにか動きがあるんじゃ…とおもってサイトを見てたら「we are currently working on our next record titled, Everyday I Said A Prayer For Kathy And Made A One Inch Square. look for it in the coming months.」とココにありました。おおお。

Wheatusのことをチェックするひとはいても、Wheatのことをこまめにチェックしてるひとなんてたぶん日本でぼくくらいなもんでしょう。今までWheatすきってひとに会ったのほんとにライナスの松本さんだけだとおもいます。だけどほんとにすばらしいバンドなのです。たぶんすきなアーティスト・バンドのランキングつけるとすれば3位か4位くらい。ブログやウェブサイトのアカウントのdeathcarはWheatの曲名から取ったくらい。ん、前にもこれ書いた気がする。

3年ぶりの新作はどんなふうだろう。3rd路線を脱出してくれてるといいんだけどな。「昔はよかったなあ」って言葉や考えかたはあまりよくないとおもうけど、Wheatに関してはほんとにそう感じてしまう。原点回帰してほしい。あ、ドラゴンアッシュもかな。

, , ,

2 Comments

01/23 The Album Leaf @ shibuya o-east

すこし前から、The Album Leafのオフィシャルに来日公演の映像が置いてあります。

TAL video

そいえばいそがしくてライヴレポ書けてませんでしたが、いいライヴでした。

オープニングアクトのpianaさんは、想像していたのとはちょっとちがっていて、なんだか歌のおねえさんみたいな印象でした。もちろん音はすてきだったけど。

TALは計15曲前後はやったかな。In A Safe Placeからの流れももちろんだし、brennivin、malmo、another day、essexなどすばらしい曲ばかり。ファンタスティックでした。そして同時に強く印象に残っているのはライヴ時にバックで流れていた映像のこと。

いま、おおくのアーティストやバンドが曲と同時に映像をつくったりしている(あるいはつくってもらったものを取り入れている)ので、演奏+映像ってライヴをけっこう目にすることがあります。バックで映像が流れているとクリエイティヴな印象をあたえることはできるし、それで雰囲気作りにはなるとはおもうのですが、正直「いらないんじゃないの?」というものばかりだなあと感じています。

好みの問題もすくなからずあるとはいえ、あってもなくても変わらないような映像の場合もあれば、中には映像があることで曲のじゃまになっているものさえあります。

だけどTALのライヴの映像は内容自体も、曲にあっているという意味でもすばらしいものがおおかったので、ふつうのライヴとはまたちがった満足感がありました。音と映像との相乗効果。

次回は1日だけでなく、ツアーでやってほしいなあ。

official
myspace (試聴可)

,

Leave a comment