Posts Tagged Death Cab for Cutie

デスキャブ20周年


8月の終わりの、デスキャブアカウントのポスト。8/18のSomething About Airplanesリリースから19周年と、8/31のPlansリリース12周年。リリースも重要だけど、デスキャブは1997年結成のはずだから、結成20周年じゃないか!なぜかそこは触れてない。
長いバンドの歴史を、ぼくはどう追ってきたかを振り返ってみようと、ざっくりな年表を作ってみた。

* Death Cab for Cutie – Wikipedia
* Death Cab for Cutie at Discogs
* Death Cab for Cutie japan | setlist.fm

1997/xx/xx – You Can Play These Songs with Chords
1997/11/22 – First Show, Acoustic at The Pacer House, Bellingham WA.
(↑20年たった2017/11/22にベネフィットリリース)
1998/8/18 – Something About Airplanes
2000/3/21 – We Have the Facts and We’re Voting Yes
2000/10/24 – The Forbidden Love EP
+++ マイ歴史はここから +++
2001/9/19 – We Have the Facts and We’re Voting Yes +5 (日本盤)
2001/9/19 – The Photo Album (日本盤)
2001/10/9 – The Photo Album
2002/3/1 – The Stability EP
2002/10/22 – You Can Play These Songs with Chords +10 (CD)
2003/9/18 – Transatlanticism (日本盤)
2003/9/24 – [原宿 ASTRO HALL] (初来日)
2003/10/7 – Transatlanticism
2003/11/19 – Something About Airplanes +4 (日本盤)
2004/3/15 – [渋谷 CLUB QUATTRO]
2005/3/xx – The John Byrd EP
2005/8/30 – Plans
2005/7/26 – Drive Well, Sleep Carefully (DVD)
2005/8/14 – [SUMMER SONIC 05]
2005/9/21 – Plans (日本盤)
2005/9/21 – Drive Well, Sleep Carefully (日本盤DVD)
2008/5/13 – Narrow Stairs
2008/7/9 – Narrow Stairs (日本盤)
2008/8/9 – [SUMMER SONIC 08]
2009/2/14 – [新木場 STUDIO COAST]
2009/3/31 – The Open Door EP
2011/5/31 – Codes and Keys
2011/6/8 – Codes and Keys (日本盤)
2012/8/18 – [SUMMER SONIC 12]
2014/9/5 – [Hideout Block Party & A.V. Fest, Chicago]
2014/9/13 – クリス脱退
2015/3/31 – Kintsugi
2015/4/1 – Kintsugi (日本盤)

 
長いなあ、そんなに経ったんだなあと思いながら9月になって。9月といえば、3年前に最後にデスキャブを観たのが9月5日。そして、初来日も9月だった。How-To-Be Death Cab for Cutieという大好きなポスターを、その9月24日にフレームに入れて飾った。

いまだにNarrow Stairs以降の作品にハマれていないので(もちろん好きな曲もある)、それまでの作品や昔のライブ音源をarchive.orgでときどき探して聴くばかり。だけれども、そろそろDave DepperとZac Raeが加わって5人になったデスキャブを観てみたい。やっぱり待つより行くしかないのかも。

archive.orgでは、”Prove My Hypotheses”のやった日の音源をよく聴く。熱かったころを思い出して。と、ひとつおまけ。

“Prove My Hypotheses” from “Drive Well, Sleep Carefully”

Blacking Out the Friction / All is Full of Love (björk) / Sunday Bloody Sunday (U2) (Live at 渋谷クラブクアトロ 2004/3/15)

Advertisements

Leave a comment

Death Cab for Cutie – Kintsugi (Atlantic, Barsuk)

Death Cab for Cutie - Kintsugi 金継ぎ
クレジットに記載された “DEATH CAB FOR CUTIE IS BENJAMIN GIBBARD, NICHOLAS HARMER, JASON MCGERR AND CHRISTOPHER WALLA” の2行にぐぐぐっと。

クリス脱退や、その状況から付けられた「金継ぎ」というタイトル。デスキャブというバンドの中身やタイトルにこんなにもフォーカスされることって今までなかったと思う。
先行シングルも全曲試聴もほぼ手を出さずにいた中で、まわりの人たちが書く感想を見るとけっこう好評なよう。なのでぼくもちょっと期待してたところ。リリースからすこししてやっと買った。

先行シングルで唯一聴いてた”Black Sun”は、リフやメロディがAmerican Analog Setぽくていいなと思ったのと、あとは”Hold No Guns”と”Ingenue”がよかった。Ingenueが一番好きかなあ。
それくらいしか今は感想がなくて困った。味わいのあるいいアルバムだと思う気持ちと、変化して何年もたった今でも順応できない自分の残念さ。困っちゃった。あとはライブでどう見せてくれるかという目線にすでに…。

来日の期待や噂はすでにファンの人々をあおっていて、そして決定打になりそうなところまできてる。

数日前に発表されたオーストラリアのフェス “Splendour in the Grass” はフジロックと同日程の7/25, 26, 27開催で、デスキャブは7/25金曜の出演が決定。同じ日に出演のJenny Lewisはフジの日曜に出演。Of Monster and Men、Ryan Adams、Johnny Marrなんかもおなじ流れ。もうこれはほぼ…!ね。できれば単独がいいなと思いつつ、はじめてのフジ出演への期待と半分半分。グリーンかホワイトか。ド大穴でDntelのJimmyさんも来てくれたら… ポスタルもできちゃうね…。予想通り日曜ならRideもいっしょに観られる。

* ラインナップ|フジロックフェスティバル '15

※ (5月7日) オーストラリアツアー発表によりフジロックの可能性なし!
暑いの苦手だから助かるけど… たのしみにしちゃうとこもあった!AUSツアー長めだからむしろその後のサマソニ出演のほうがありそうなかんじに。でもせっかくなら単独でおねがい…
* Death Cab For Cutie – Tour

  
そのほかメモ

* ベンが各アルバムから1曲ずつ選ぶという企画で、大好きな大好きなStability (Stable Song) について触れていた!Movie Script Endingと一対になる曲とのこと。

* サポート加入メンバーの1人、Dave Depperさんは、Laura Gibson、Rauelsson、MayMayあたりと関わってた人みたい

* We are Death Cab for Cutie, Ask us anything!
redditで質問大会。新譜やこれまでの作品のことなどいろいろ答えてる。「ツアーでおいしかったものは?」に名古屋の手羽先をあげてたり、「バンド名を変えるとしたら何にする?」には”The Killers”とか、あと「Jenny Lewisとはどうなの?」って勘ぐられる質問もあってわらっちゃった。

 
* Death Cab For Cutie official / Warner Music Japan

, , ,

2 Comments

setlist

setlist
去年、Explosions in the Sky来日やアメリカ行きの参考/参照用にときどき使ってたsetlist.fm
こないだのMineral来日でまた使ったので、いろいろ見始めて検索してるとたのしい。last.fmでの参加イベントをインポートできたりもするし、あれこれなつかしいライブたちを思い出す。いちばん古いものだと、AIR JAM 2000とか2002年のSlipknotとか… ひー。
有志の人が登録するものなので、登録されてないイベントも当然たくさん。なので、ぼくもセットリストをもらえたライブやネット上で見かけた記憶のあるものなど、いくつかのセットリストを追加してみた。

2003年のDeath Cab for Cutie初来日、2004年 デスキャブ、Last Days of April、2006年 Tristeza/Saxon Shore、Tracer AMC、2007年 The Appleseed Cast、2008年 Ulrich Schnauss @ taicoclub、Epic45、L’Altra 初来日、Team Me、Efterklang などなど。Igloo (Mice ParadeのAdam Pierceのサイドプロジェクト) なんてレアなのも。

* preprise's setlist.fm | setlist.fm

これからますます忘れていくことが増えていくから、こうやって振り返ることができるきっかけあるのっていいな。

写真もそう。
なんだけど、今年のJulianna Barwickの大阪でのライブとか、Radical Faceでもすごくカシャカシャ鳴っててぐぬぬって思うこともある。iPhoneや携帯でライブで写真を撮るときにスピーカーをふさいで音を出さないように気をつけたりできないものかって。
ぼくも撮るほうの人間だから、それを理解できないっていう人からするとそもそもライブのとき写真撮るのどうなのっていう議論がされることもあるんだけど、撮影禁止でなければそこは迷惑にならない範囲で撮ったらいいと個人的には思ってる。記憶や目に焼き付けろやみたいに言う人もいることに対しては、うーん精神論ぽくてちょっと… って思っちゃう。なぜなら人は忘れるから。思い返せるものがあるのって大事。

++++++++++

Kira Kira soundcheck
* FOUNDLAND feat. Kira Kira & Rima Kato

先週はKira Kira Japan Tour & 加藤りまさんのリリースパーティー at VACANT。

リハまで時間があったので4人でお昼ごはんや散歩。雨の原宿でも人たくさん。ひと通り回り終わって戻って、設営や準備やむだじゃないむだ話や。VACANTでのFOUNDLANDはひさしぶり。やっぱり落ち着く。
この日はいつも以上にたくさんのお客さんが来てくださって、オープンから行列。えみさんとの受付。できるだけお待たせすることがないように、かつ丁寧に。でもやっぱりばたばたしながらなんとかなんとか。ゆうりくんやマユミアオウも来てくれた。
加藤りまさんとKira Kiraのライブは対照的なところがあって。人柄を表すようにまっすぐに歌を届けるりまさん。アーティスティックでありながら、遊び心や奔放さでたのしませもするKira Kira。どちらもすてきだったな。

Mineralの翌週から1週間以上ものすごい体調がわるくて。なにもできない状態のときもあったくらい。めずらしくお手伝い欠席か迷ったけど行ってよかった。

次はお手伝いじゃないけどmiaou応援しに来月ネスト。ずっと呼びたかったと去年から話聞いていたのでたのしみ。つづくアイスランドやMorr Music関連。その前にお花見もあるから計画動かなきゃ。

* On tour with Sin Fang and Sóley – miaou

Rima Kato soundcheck

, , , , , , , , , , , , , ,

Leave a comment

cat day

cat's eye
新しく出会った音や新譜のせるのはtumblrにほぼ移行してだいぶしばらく。こっちで書いたのThe Spectorsくらいかな。せっかくだから去年いいなあと思った人たちをいくつか。

 

* Grayscale
ベルギーのGijs Grondelaersさんという人のソロプロジェクト。霞がかった薄暗い空気、そこで響くギターの音もぐっとくる。Viva Love Recordsというところからテープでリリースするはずなのだけど続報がない。

 

* Fenne Lily
UKの女性SSW。17歳って知っておどろきな落ち着きのある歌と声。デビューEPを制作中。

 

* Dear Pola
フランスの女性SSW。芯の強そうな歌、いい。Kaamosという5曲入りEPをbandcampでname your priceリリースしてたけど、リリースが決まったのか、2曲に変わってる。We Are Unique! Recordsというところからリリースするのかも。アナウンスがフランス語だからよくわからず!

 

* Julian Earle
こちらも17歳。トラックメイカー。まだデビュー曲の1曲のみ。なので他のもはやく聴いてみたい。ひんやり空気と清涼感のビートミュージック。それとtwitterにもいくつかあがってるアートワークがいい。
※書いた数時間後に新曲が… Bad Panda Records(去年Populous feat. cuushe出したところ)なの!か?
+ Julian Earle – Disillusioned

 

* pullahs
シネマティック&ノスタルジックなビートミュージック。現実離れしすぎない良いトリップ感はBibioぽさちょっとある。

++++++++++

cats cats cats!!
年末にtoosmell recordsに引き取りに行ったら閉まってて受け取れなかったakutagawa / malegoat split 7″。やっと昨日買いに行けた。外も中もねこだらけ!のあと、ハジメさんがときどき働いてるというねいろ屋でラーメンとかき氷。移転なのか、年度内で営業終了しちゃうみたい。キャッチボールした勢いで何年ぶりかにバッティングセンターまで行った。野球熱!

最終日のねこやしきにも見に行けたし本物にも2匹会えたし、ねこ日だった。
最近いろんな人と、陶酔型と俯瞰型の人、という話をする。

そしてデスキャブニューアルバムの情報が出てた。3/31リリース、タイトル「Kintsugi (金継ぎ)」。気になりすぎる… 写真は3人。
* Death Cab for Cutie Reveal Symbolic Title of 'Evocative' New Album | Rolling Stone
kintsugi

, , , , , , ,

2 Comments

day 6: New York – S. Carey / Califone

NYC

* trip to US US US (さくいん)
* Trip 2014 – on Flickr

6日目 ニューヨーク

Read the rest of this entry »

, , , ,

Leave a comment