FUJI ROCK FESTIVAL ’16

ここ何年かで最高のラインナップ!と思っていたはずなのに、けっきょく直前に2日目だけ。
ひさしぶりの新幹線とシャトルバス。とにかく晴れてよかった。

うっすらも含めて観たのはTom Odell、The Album Leaf、ROVO、Travis、Wilco、EGO-WRAPPIN’、Tortoise、Squarepusher、ホテルニュートーキョー+toe、Alex Paterson。

目当てはおもにバムリフ。バンドでやることをJimmy本人から事前に教えてもらうことができて。もちろんドラムは、大好きなThe Mercury Program/TextualのDave LeBleu。今回こそ観よう!と。ちなみにあと2人のメンバーはThe Black Heart ProcessionやThree Mile Pilotでプレイしていた人。
2007年フジのキャンセルもあったし、観るのは10年ぶり。レッド一杯のお客さんの中で、ついにバンドセット。Daveのドラミング。ライブ全体ではOuter Banksが一番よかった。フィジカル。感動はもうひとつ。Brennivinをやってくれたこと!行く途中の新幹線で「いま苗場向かってるよ 今日Brennivinやってほしい!」ってつぶやきを書いて。実現したライブが終わって、もともとセットに入っていただけかもな~とも思いながら。そしたら深夜、ピラミッドガーデンで朝を待つあいだに、「We did!」って返事が!ありがとうJimmy。

* The Album Leaf Setlist @ Fuji Rock Festival ’16
* THE ALBUM LEAF | FUJIROCK EXPRESS ’16

それとそれと。オアシスでDaveと話できる時間があって。今年か来年新譜出すかもってこと、Dirty South Still Lifeっぽい作品になることを教えてくれた。メロウな感じってことかな。たのしみ!

* The Album Leaf / The Mercury Program / Textual

今年はフジ、単独も含めてポストロックバンドが多く来日って話題があって。Dylan Group、GY!BE、Mogwai、Yndi Halda、Album Leaf、Tortoise、Deafheaven、EITS… 秋から年末にかけても、pg.lost、TTNG、65dosなど。
確かにってうなずけるところと、ありがたい気持ち、の一方で、地位を確立した人たちがほとんどだなあという印象も正直。これから!って人の来日はやっぱり減った。日本のバンドもまた、たくさんいなくなってしまった。だからさびしいというよりは、最近よく思うのは、好みの音のジャンルが隆盛していた時期を体験できてよかったなあってこと。

できてからはじめて行ったピラミッドガーデン。え、ほんとにあるの…?って心が折れそうになるくらい遠かったけど、着いてみるととてもいい場所だった。そこで観れたホテルニュートーキョー + toeのライブすばらしかった。

ホテルニュートーキョー + 山㟢廣和 / 柏倉隆史 (toe) – グッドバイ

Advertisements

, , , , , , , , , ,

Leave a comment

渋谷の穴

* アルコ&ピースのトークライブ「渋谷の穴」

当日券でなんとか。LOFT9 Shibuya。
たくさんのバカ話。生の平子り。アルピーとラブレターズが語る、オールナイトへの思い。ショット!(+キマグレンだ〜!)

控えめに言って最高、ってこういうのなのかも。

, , , , ,

Leave a comment

2016.3. – 2

* 2016年3月4月 イベントメモ

++++++++++

Mogu Takahashiさん個展。古桑庵。安全地帯。アルピーANN最終回。出待ち!
ゆうりくんのライブでお手伝い。テニスコーツさやさん主催、マジキックトルバドール。いろんな光輪。

Mogu Takahashi

IMG_4942

IMG_4962

IMG_4990

IMG_4995

アルコ&ピースのオールナイトニッポン最終回

アルコ&ピースのオールナイトニッポン最終回

アルコ&ピースのオールナイトニッポン最終回

Mogu Takahashi

Mogu Takahashi

IMG_5167

宮内優里 "FOUR LAYERS"

宮内優里 "FOUR LAYERS"

宮内優里 "FOUR LAYERS"

宮内優里 "FOUR LAYERS"

IMG_5542

マジキックトルバドール

マジキックトルバドール

 
アルコ&ピースのオールナイトニッポンは、1回の放送がひとつの作品といってもいい。ひどい回もあるけれど、最高のB級映画を見終えたような気持ちになる放送がたくさん。ぼくの中で殿堂入りしていたくりぃむしちゅーのANNをいつからか超えた存在に(ほんとはオードリーにもそうなってほしかったけど、今ではだらだらと間延びした会話が続くラジオになってしまってる…)。そのくりぃむのANNが終わるとき、出待ちに行かなかったことをずっと後悔していて。会いたいというか、感謝を伝えたかったなあって。だから今回は!と決めてた。

仕事→いったん帰宅&休憩→夜出発&集合→ネットカフェ→ジョナサン→ニッポン放送。という流れ。最終回はなんともひどい回。こんなとっちらかった終わりなのも、らしい、のかも。ニッポン放送に駆けつけた何百人のファン。その前で30分NOTTV枠の公開収録のあと、みんなで記念撮影。明け方の時間帯や場所、人の多さもあって、個別の交流はなく盛大なお別れにもならなかったけど、行ってほんとによかった。かっこいい平子さん、酒井ちゃんの無邪気な笑顔が目の前にあった。
銀座まで歩いてアメリカンでモーニングを食べて、寝ずに出勤。ぼやーっとしながら仕事をしていたら友達から沈黙の金曜日の出待ちに行こうと連絡がきて。夜、代々木のスタジオ観覧に。ふらふらになりながら番組終了を待ったあと、ついにふたりと対面!ささやかなプレゼントを渡して、すこしの会話。たのしい時間をたくさんもらった感謝を伝えることができた。ふたりともいい兄ちゃんというかんじで。このときばかりはいっしょに写真も。高揚感と抜け殻感。さよなら。

またひとつ、大好きなものが終わってしまって。毎回が最終回という言葉をかみしめる。
とても遅いけど、andymoriのCDも買ってみて。夢見るバンドワゴンを何度も聴いてる。

, , , , , ,

Leave a comment

2016.3. – 1

Happy Bausday。cat cat cat。東京タワー。あんみつあんみつ。花やしき。cuushe新曲、Blackbird Blackbird。西荻ラバーズフェス。大人の話、もやもや話。

IMG_4085

IMG_4098

IMG_4108

IMG_4114

IMG_4317

IMG_4257

IMG_4265

IMG_4301

IMG_4313

IMG_4311

cuushe

cuushe

cuushe

IMG_4611

IMG_4681

IMG_4698

IMG_4817

IMG_4738

IMG_4744

IMG_4792

IMG_4800

IMG_4871

IMG_4881

テニスコーツ

IMG_4926

IMG_4906

,

Leave a comment

Caspian Japan Tour 2016

2014年3月5日のことはよく覚えてる。
雨が降っていたこと、Ólafur Arnaldsの東京公演だったこと、福園くんの誕生日なのでケーキを買ってライブ後にみんなでお祝いしたこと、そのあとの朝までアイスランドカラオケも。
そしてもうひとつ、Caspianがすぐ近くに来ていたこと(Caspian facebook)。あとで知って、とてもとても悔やんだ。

それから2年。ついに!初来日公演。ネスト、それもワンマンで。
いつになく男性率が高い。18:30オープンでたくさん人がいたことを考えると若い人が多かったのかな。
体調がわるい状態で行ったので音に耐えられるか心配だったのだけど、まったく大丈夫だった。あれだけの轟音なのに体や耳への負担をほとんど感じなかった。
セットリストは新譜を中心に広めに。2時間以上やる予定とのことだったから古い曲への期待がかなりあって。Quovis〜Further Up〜Further Inの流れやASA、Mokshaなどもっと聴きたかった!でもSome Are〜だけでも聴けたこと感謝しなくちゃ。
ラストはもちろんSycamore。Caspianの轟音、”あの”ドラムとオーディエンスの絶叫、歓声が入り混じった最後。すばらしかった!
終演後そのSycamoreで使ってたドラムスティックもらった。友達ももらえていたしめでたし。

* Caspian setlist at TSUTAYA O-Nest, Shibuya, Japan

01. Darkfield (Dust and Disquiet)
02. Echo and Abyss (Dust and Disquiet)
03. Of Foam and Wave (Tertia)
04. Rioseco (Dust and Disquiet)
05. Concrescence (Tertia)
06. Halls of the Summer (Waking Season)
07. Gone in Bloom and Bough (Waking Season)
08. Arcs of Command (Dust and Disquiet)

09. Ghosts of the Garden City (Tertia)
10. Some Are White Light (The Four Trees)
11. Sycamore (Tertia)

 
6Fに上がって、メンバーたちに声をかけてみる。約10年前、myspace上だけでリリース/購入できた30部?限定ハンドメイドのThe Four Treesを持って。みんな目を丸くして驚きの表情。感慨深そうに笑顔でブックレットをめくる人もいれば、亡くなったあとの新しいベースのメンバーは、「オレこれ見たことない!写真撮ってもいい!?」って。いつものようにつたない言葉で、10年間待ってたって証拠だよ!と伝えた。

Caspian

Caspian

Caspian

Caspian

Caspian

Caspian playing "Sycamore"

Caspian

Caspian

IMG_4232

IMG_4237

Leave a comment