day 6: New York – S. Carey / Califone

NYC

* trip to US US US (さくいん)
* Trip 2014 – on Flickr

6日目 ニューヨーク

前日のボストンショックをすこし引きずった朝はゆったりめ。2日後にまたボストンに戻ってくるので、メインの荷物を宿にあずけてからmegabusという高速バスでニューヨークへゴー。megabusは車内で電源もWi-Fiも使えるはずなのだけど、故障でだめだったので到着までの4時間くらい睡眠。
GRATTITUDE
着いたのは夕方。シカゴ、ボストン、ニューヨーク、3都市めのパスを買って移動。タッチ式のシカゴのが一番使いやすい。ボストンのはカードを差し込んで2,3秒待たなきゃいけないことにわらった。
3 cities, 3 cards
散歩がてらタイムズスクエアに行ってみる。モヤさまにも出てたチップ目当てのいろんなコスチュームの人や、なぜか裸でバイーンな女性とか… ここがニューヨーク… 2,30分いただけで疲れちゃったぜ。なのでライブハウスのある方面へ南下。
it's a small world
タイムズスクエアをちょっと離れるだけで街の雰囲気はかわって、お店みるのも住宅地みるのもたのしい。夕焼けもまぶしくてもういい時間になってしまったので、気になってたSullivan Street Bakery行ったら閉まってたし、そこからすぐのとこで見つけたイントレピッド海上航空宇宙博物館というとこも受付終わってた…。初日からそうだったけど夜になるまで明るい時間が長い!しょうがない、ライブハウス最寄りのW4 stationへ。うろうろしてるときにふらっと見つけたレコード屋にデスキャブのブートが売ってた!はじめて見たよ。買わなかったけど…。調べたらライブ音源出てきた。”Song for Kelly Huckaby”とか”Underwater!”もやってるなかなかいいセットリスト!
* Death Cab for Cutie Live at The Showbox on 2000-07-22 : Free Download & Streaming : Internet Archive
death cab bootleg
こちらのライブは日本よりちょっと遅めだので、ごはんを食べてからにする。駅の近くにあったrisotteriaでリゾットを食べた。ここおいしい!人気あるみたいでほとんど満席だった。食べおわって、ケーキ屋や本屋をのぞいたりしながらすごくいい気分。Mineralがすぐ近くのBowery Ballroomでやるのも気になりながら… やっぱりS. Careyちゃんと観ておきたくて(le) poisson rougeへ。

入り口のIDチェックはどこも黒人さんの強そうな人なんだなあと思いながら入場したら音が聴こえてる。。ライブがはじまってる…?1時間まちがえてたらしい。もしオープニングアクトがいなかったらCalifone見逃してたかもしれない… あぶなかった。

Califoneはブルース/カントリーバンドなライブ。もうちょっと音響的な音のイメージあったぶん、新鮮に観ることができた。いい意味ですごく力が抜けていて、やるほうも観るほうもリラックスして笑顔になれる。ジョークも飛ばしまくりでかわいいおじさんたちというかんじ。ライブアレンジなのか、曲によって後半になると長く続くジャムは渋くてとてもかっこいい!

そういえばメンバー4人と思っていたけど5人で、ドラムが2人いた。サポート?はRachel Blumbergという方らしいと知ってのちのち調べたらThe Decemberistsの人だって!M. Ward、Bright Eyes、She and Himなどにも参加してるすごい…。いいライブ観れた!Timさんの鍵盤に巻かれたカラフルなマフラーがずっと気になった。
Califone
Califone

トリは待ちかねたS. Carey!最前列まで行っちゃった。Bon Iverの影響もあるのかな、やっぱりとても人気のよう。きゃーなんて黄色い声援もときどき。ショーンかっこいいものなあ。
1曲目のGlass/Filmからもうたまらない… なめらかでムードを持った歌と声、流麗で浸透度の高いメロディと音。いつまでもつつまれていたい…。歌声で言えばR&Bなんか歌ってもすばらしくフィットしそう。

5人は全員マルチインストゥルメンタリスト。Califoneとはちがってあまり表情変えずクールに、美しい曲を奏でていく。ショーンはほぼ鍵盤なのだけどそこはドラマー、横にはスネアとタム?が置いてあって何曲か叩く姿も!後半、撮った映像にもあるドラムの叩き合いのようになったシーンはすごかった!照明もあいまってサイケなかんじすらあった。そして最高潮に盛り上がったとこから”In The Dirt”のすばらしい流れ…。思い返してもほんとにすてきなライブだった。
S. Carey
S. Carey
CDを持ってくるの忘れたのでライブ後物販で1枚買って、サインしてもらった。毎回おなじみ、いつか日本に来てね!って伝えると、ショーンは「え?日本のどっから来たの?」とかいろいろ興味ありそうな様子。来てほしいなあ、S. CareyでもBon Iverでも。さわやかだしかっこいいし、ナイスガイだった。

この日もまた夜遅い帰り。すごく印象に残ってるのはニューヨークの地下鉄の駅の暑さ。銀座線の何倍も暑くてびっくりした。やっと6日目書き終わり。。
S. Carey - All We Glow and setlist

 
Califone – Live at Le Poisson Rouge

S. Carey – Crown the Pines (Live at Le Poisson Rouge)

S. Carey – In The Dirt (Live at Le Poisson Rouge)

Advertisements

, , , ,

  1. Leave a comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s