day 2: Chicago – Droughts / Dowsing / Tiny Moving Parts

"the buliding"

* trip to US US US (さくいん)
* Trip 2014 – on Flickr

2日目 シカゴ

部屋が寒くてはやく起きる。同時期にシカゴへ来ている友達と連絡を取ってランチすることに。はじめて見る建物や高いビルをキョロキョロ見ながら(途中にWilcoの”Yankee Hotel Foxtrot”でおなじみのトウモロコシビルもあった)、Lou Malnati’sへ。うわさのシカゴのDeep Dish Pizza、おいしい!タルトみたいなサクサクの生地がいいな。意外と小ぶりだったので、あっいけそうと思って食べていたけどやっぱり食べきれなくて持ち帰る。数年ぶりの再会がシカゴってすごいねって話をした。
Deep Dish Pizza

天気がいいのでふたりですこし街を回ったあと、ミシガン湖に面した桟橋Navy Pierに。平日の昼間だからか人は少なくて、気持ちのいい散歩。湖なんだけど大きすぎて海のつもりで見ちゃう。水はけっこうきれいで、とてもきらきらしてた。ここで休憩のお茶を飲みだしてから、衝撃の?急展開がはじまることに。
P9040154

8月、旅の計画中、9/3にDroughtsがライブをやることを知った。Tiny Moving Partsも、Empire! Empire!のレーベルCount Your Lucky Starsのバンド、Dowsingも出るっていうたまらないイベント。ただシカゴのダウンタウンからは遠くて車でしか行けないところだったので、手段ないかなあ?ってバンドに相談してた。とてもありがたいことに、twitterやfacebookで車で行く人いないかー?ってDroughtsが呼びかけしてくれたのだけど結局見つからず、この日はあきらめてたのだった。

話は戻ってNavy PierのStarbucks、シカゴ・カブスを観に行こうと検索してたiPhoneに「俺たちと乗ってけるよ」ってお知らせが…!ええええええ!いきなりのことで&チケット取る寸前だったのでもうあたふた。いくつかのやりとりで聞いたBelmont blue lineへダッシュダッシュ!Wi-Fiのあるところでしか連絡がとれないので駅近くのDunkin’ Donutsで待っていたのだけど、聞いてた時間からもう1時間以上連絡が来ない。ああやっぱむりか…とあきらめかけたところに「今からそこ行くぜ!」の連絡。やってきた車はバスのようなかわいいバン!笑顔のDowsingとDroughtsのメンバーたち!どきどきで、乗ってからなに話したかよく覚えてない。Rockfordまでの2時間弱、酔うのも忘れてわくわくのドライブだった。
Droughts!!

会場のRockford Art Deliはアートスペース兼イベントスペースな場所。ヤングたちが集まってる。もう最初のDeadronのライブは終わりかけ。えっリハなしなのかよ!な気持ちは置いておいてバンから機材を運んで準備。次の出番、いよいよDroughts!
ついに観ることができた… 若さと熱をふくんだ緊張感、ザラつきがありながらシャープで鋭い音、激しさとクールさもあわせ持っていてかっこよすぎる!硬派で言葉すくなく、一気に駆け抜けるライブだった。もっと長く観たかった…!
Droughts

Dowsingはさわやかさと甘ずっぱさの入り混じるロック。グッドメロディーいいなあいいなあ。こちらも笑顔になる。Erikの声はAshのTimにちょっと似てる気がする。Erikは人柄もさわやかで気さくで、特にたくさん話しかけてくれてうれしかった。スペースがなかったのか忘れてたのか物販出してなかったから、ライブのあと直接聞いて”I Don’t Even Care Anymore“のレコード買った!イルカジャケ!

トリはアルバムリリースをするTiny Moving Parts!ヒゲのおっさんな風貌のドラム、イケメンベース、こどもがそのまま大きくなったようなギターボーカル、3人はいとこらしい。とにかく熱い!タッピングのピロピロギターとエモーショナルなリフを弾くDylanの少年のような笑顔がたまらない!やっぱり人気があるみたいで前の方ではガールもボーイも前のめりになっていっしょに叫ぶ!すげいライブだった。新譜”Pleasant Living“とクリアヴァイナルの7″を買ってサインもらった。
Dowsing & Tiny Moving Parts

ライブ後はすぐ近くのバーで軽いうちあげ。移動する前にErikがJoie de vivre知ってる?って聞いてきたから好きだよ!って言ったら打ち上げに来るからって。BrandonとWarren Franklinを紹介してもらう。ビールも飲んでるしジェットコースターのような1日の流れでもうくらくら…。みんなとこれからのリリースのこととか、シカゴのおすすめとか、日本のライブ事情とか話したり。帰りはtaco bellのドライブスルーでいっぱい買ってみんなで山分けするように食べて、駅まで送ってもらってさよなら。帰るの2時すぎてたけど深夜の地下鉄も興奮で気にならなかった。
Dowsing Van!!

実質1日目のこの日だけでいろんなことが起きすぎて、感謝も感激も感動も衝撃も。Droughtsに出会えてほんとうによかった。ちょっとシャイな印象のベースボーカルJoe、ギター2人は大きい体とやわらかい人柄のWill、物静かで思慮深そうなNick。ドラムの人は新メンバー?らしくまったく別行動で話する機会なかった。きっとぼくより若いはずのみんな、会う前からファンだったけどますます好きになった!アルバム今年には出したいとのことだったので、全力でたのしみと応援と。最後 Willと抱き合ったときのおなかの感触、一生忘れない。
Tiny Moving Parts / Dowsing / Droughts / Deadron

 
Droughts
facebook / bandcamp / tumblr

Dowsing
facebook / bandcamp / tumblr

Tiny Moving Parts
facebook / bandcamp / official

Advertisements

, , , ,

  1. #1 by 3104punx on 2014/09/23 - 19:37

    初めまして。Mineralのことを検索していてこのブログにたどりつきました。
    旅の日記、最高です!残りの日程の分も楽しみにしています。

    • #2 by yugo on 2014/09/24 - 22:37

      わー 読んでくださった方がいるなんて!
      ありがとうございます、いい出会いたくさんしたので忘れないうちに書けたらと思います!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s