bye for now

Henning Schmiedt
ピアノの、とくにソロのピアノの作品やコンサートには昔からどうもうまくなじめないところがあって。それでピアノエラも行かずだったところある。いま考えると、だからこそ行って良いものを見るべきだったなと思いながら。そんなぼくにもヘニングさんの音はすっと入ってきてくれる。すこしだけ近いところで会えたり、人柄を知っていたり、そういう思い入れからなのかなあ。あるのかもしれないけど、きっとそれだけじゃない。

Henning Schmiedt、インストアを含む東京3公演がすべて終了。
自由学園明日館、タワー渋谷、世田谷美術館講堂、どこへ行っても笑顔があふれてた。
「コンサートを聴きに行く」のもだけど、「会いに行く」という表現もまたとても合っているんじゃないかと思うくらい、サインをもらうため、言葉を交わすためにお客さんの長い列。おしゃれな若者から、お子さんを連れたご夫婦、年配の方まで。
来てくださった方々へ応対するだけで、こちらもまたすこしずつうれしさが積み重なる。くさいようだけどほんと。今回も、いつもよりすこし多くの人とお手伝いをしながら、みんなで大事な時間を過ごした。

オルゴールや楽譜、新作flauバッグもたくさんの方々が買ってくださっていた。ねこトートいっぱい入るからいいね。内ポケット自分で付けようかな。

IMG_2511
ヘニングツアーの合間には、北とぴあでmoskitooさんリリースパーティー。出演者の組み合わせ、映像、装飾、rollさんの焼き菓子などいろんなところにすてきなものが散りばめられたイベントだった。cokiyuさん髪が伸びてたな。プラネタリウムでズズズゴゴゴと響くダークセット。黒いワンピースで床に座ってる姿は、黒ねこのようだった。miaou観に行った以来のこの場所、3月で閉館になるそう。王子駅のまわりもおもしろい町だったから、もう一度くらい行きたい。

眠ったり起きたりでこんな時間になってしまった。明日というか今日は青山CAYでOpitopeやテニスコーツ、aus DJの出るイベント。
マルシェということでいろんなところの出店があるらしく、flauのスペースでお店番する予定。テニスコーツ、raindropsやってくれますように。
* ピュシス -アナログ アンビエンツの宴-

 
尾柳佳枝さんの個展「穴があいているのに水がこぼれない」、一度見て、もっかい見たくなって次の日にまた行った。
paper03

Advertisements

, , , ,

  1. Leave a comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s