best 2005 vol.1

今年のベスト。
第1弾。

今年買ったもので、今年リリースされたもののベスト10。

——————————————————————
01. The Exquisite Death Of Saxon Shore / Saxon Shore

The Exquisite Death Of Saxon Shore (Burnt Toast Vinyl) / Saxon Shore前作3作品の良い部分がうまく反映され、さらにパワーまでもが加わってしまったキャリア最高傑作。柔よく剛を制す、という言葉がありますがSaxon Shoreはどちらも飲み込んでしまいました。柔剛兼備。何度聴いても背筋がぞくぞくします。おそるべしデイヴ・フリッドマン。ほんとにあとは来日に期待するだけ。

参考 (試聴リンクあり)
——————————————————————
02. Plans / Death Cab for Cutie

Plans / Death Cab for Cutie (Atlantic)待ちに待った5枚目のオリジナルアルバム。
メインの楽器以外の音やエレクトロニクスなどの装飾的な音は増えても、楽曲の持つ空気はアルバムをだすごとに純度を増している気がします。やさしさも増している。デスキャブはいつだって秋色。

参考 (試聴リンクあり)
——————————————————————
03. EP / Howard Hello

EP / Howard Hello (Temporary Residence)この音楽はハワードハローがつくりました。ゆるくドリーミーな魅力が4曲にしっかり詰まったナイスEP。特に1、2曲目ほんとにきもちよすぎ。なごみます。

参考 (試聴リンクあり)
——————————————————————
04. Bitter Hands Resign / A Northern Chorus

Bitter Hands Resign / A Northern Chorus (Sonic Unyon)たしかサムアスさんのレコメンで知ったバンド。Saxon Shore+Pacific UV+Sigur Ros÷3ってかんじ。ほめすぎかも。でもかなりよい。男女混声ヴォーカル。ほかのアルバムもほしいな。

参考 (試聴リンクあり)
——————————————————————
05. s/t / Electric President

S/T / Electric President (Morr Music)Morrの新作。買ったのは昨日。すべりこみ。3位のHoward Helloにも通じるようなほんのりドリーミー+もうすこしメロディを切なげにした感じ。やさしくはじけるアコースティックギター、それプラスmorrらしい適度なビートを乗せたサウンド。ライナスさんに行ったときに店内で流れていて、ぐはっときて買いました。

official (試聴可)
Morr Music (試聴可)
Morr Music record player (試聴可)
——————————————————————
06. Islands / Tracer AMC

Islands / Tracer AMC (We Love)前作Flux And Formほどの衝撃はありませんでしたが、やっぱりクオリティの高い曲多し。1曲1曲の展開力と力強い低音がよい。しかもたまに入れてくるアンビエントトラックもまたいいんです。plopのインタヴューにもあるとおり、来日の話が現実味を帯びてきました。うはー。

official (試聴可)
Thomason Sounds (試聴可)
——————————————————————
07. Tour Split EP / miaou & Below The Sea

Tour Split EP / Miaou & Below The Sea (Preco)ライナスさんのレーベル「Preco」の1stリリース。miaouとBelow The Seaのライヴのときに買いました。両バンド2曲ずつ収録の4曲入り。Miaouのsleepless dreamsという曲が、前半ためてためてラストにぐわーってだいすきな展開。sleepってことばすきです。もちろんビロシーの曲もきれい。流麗。

LINUS RECORDS
miaou official
miaou myspace
Below The Sea official
Below The Sea myspace
——————————————————————
08. This Past Week / The Radio Dept.

This Past Week / The Radio Dept. (Labrador)ジザメリをもっとデリケートに、ドリーミーにした感じでしょうか。ドリーミーってことば使いすぎな気がしますが、ほんとにドリーミーなんです。すごくよいのです。このバンドのことよく知らないからチェックしていかねば。

Labrador
——————————————————————
09. Someone Else’s Dream / Youth Group

Someone Else's Dream / Youth Group (Epitaph Europe)デスキャブともツアーを回ったオーストラリアのバンドさんの4曲入り限定EP。さわやかな秋の空気を運んでくれるイメージ。ラストのdaisychainsというデモの曲がすごくすごくすごくすごくよい。アルバムもそのうち買います。

official (試聴可)
Epitaph
試聴できるとこ
—————————————————————–
10. Reads The Books / Prefuse73

Reads The Books / Prefuse73 (Warp)The BooksとのコラボEP。プレフューズの作品を買うのはこれが初めてだったけどすなおにかっこいい。ヒップホップに対して「サイズのおっきい服きて悪そうにしてる黒人さんの音楽」ってイメージを強く持ってるぼくのようなロックリスナーにとって、プレフューズとかハースペがいい架け橋になってくれるんだろうなあとおもいます。

official
Warp (試聴可)
——————————————————————
2005年リリースの作品でベストを挙げるのはなかなかむずかしい。なぜならCDは中古で買うことがおおいため今年出たものはあまり持ってなくて。

正直いうとデスキャブのライヴ盤とSaxon ShoreのEPもはいるのですが、1アーティスト2枚あげるの気が引けてしまったっぽい。あーHammockも入ってたかも。あ、bowlsも・・。まあいいや。

デスキャブさんもSaxon ShoreもTracer AMCもはやく来日してほしいですね。そんなかんじです。

来日といえば、1/23のThe Album Leafの来日公演行きます。4/5のSigur Rosも行きます。そんなかんじです。

Advertisements

, , , , , , , , , , , , , ,

  1. Leave a comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s