10/02 Her Space Holiday & American Analog Set

今日はわたるこまっちゃんあきらと渋谷O-Nestへ。
Her Space Holiday & American Analog Setを観に行きました。

いつもどおり開場まで6階のエレベーター前で待つわけですが、今回はOwenやミアビロツアーのときより人がたくさんいて、さすが売り切れになるだけありますなあと。ただチケットは1ヶ月以上前にとっといたから整理番号1ケタでよかった。新譜のジャケットのデザインのTシャツも売ってましたが3000円と高く断念。そしてライヴ会場へ。ありがたいことにまたもいちばん前。

AmAnSetは、もうしわけないんだけど曲のタイトルとかほとんど覚えてないから何やったかとかわかんないんですが、曲調はやっぱりまったりなかたがたで、モーグ&ビブラフォンがいい味出してる。ただどうやら機材の調子がおかしかったようで、途中でギターアンプを取り替えたり、モーグの接続を調整しなおしてたりしました。最後の曲がものすごくよかったんだけど、タイトルがわかんない・・。

AmAnSetが終わると徐々にうしろのお客さんが前に詰まってきたので、改めてハースペ人気を実感。グレーのオールスター、色薄めのジーンズ、ピンクのシャツでマークさん登場。腕に刻まれているタトゥー。サマソニはマークさんとサポートのハンニさんというかた(ハースペのCDのアートワークも手がけているかたらしいです)の2人でしたが、今回はマークさん(ヴォーカル、ギター、サンプリングなど)にベース、ドラムを加えた3ピースバンド編成。

セットチェンジ終了後、ウサギのマスクをつけたマークさんが改めて登場。かわいいはずのマスクが、その上にめがねをしてるもんだからなんか不気味・・。

1曲目はサマソニと同じくmy girlfriend’s boyfriendからスタート!ほんとこの曲だいすきだ~。セットリストは用意していなかったみたいなので詳しくはわかりませんが、3曲目にjapanese gumやって、2曲目と4曲目以降はだいたいThe Past Presents The Futureからだったような気が。

新しいアルバムはポップ度を増してたし、ライヴはダンスダンスした感じなのかなと思っていたけど、バンド編成ってこともあって予想以上にロックサウンドですごく良かった。

どうやらアンコールはやるつもりなかったみたいなのですが、お客さんの拍手に答えてやることに。アンコールの曲は練習していない曲だったらしくドラムのかたはさぐりさぐりで叩いていて、それをチラ見ているマークさんも笑顔で、なんかほほえましかったなあ。

ライヴ後は、4人でドリンクを飲みながら感想を言い合う。去年のRadioheadとかLast Days Of Aprilは1人で行ったので、やっぱりいっしょに行って感想を言い合ったり、音楽をいっしょに共有できる仲間がいることをうれしく思いながらカシスオレンジを飲みました。

ふと物販コーナーを見るとにマークさんがいるので会いに行く。持っていったManic Expressiveと、Owenに続いてiPodにもサインしてもらいました。見た目はちょっと冷徹そうな顔をしてるけど話してみたらきさくさんでしたよ。機材に使っているパソコンもmacじゃなくてhpっていうナイスなかたでした。
marcautograph

Advertisements

,

  1. Leave a comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s