Radioheadは便利だ

まだよく知らない人と音楽の話をするとき、「どんなの聴くの??」と質問されるといっつも答えかたに困ってしまいます。

【選択肢】
1.まあいろいろ聞きますよー。
2.だいたい洋楽ですかねー。
3.えっと…きれいな音楽です。
4.グロリアレコードとかデスキャブとか!

1の答えをして「そうなんだー」で済んでくれる人はいいのですが、「どんなの??」と突っ込まれたら2か3の答えをしてみます。もしそこでさらに「例えば誰??」などと突っ込まれたらさあ大変。あたふたタイム突入です。

頭の中ぐるぐるして悩んだあげく、けっこう「誰ですかねえ…ぱっと浮かばないやあ、ははは・・」と逃げます。とんずらします。間違っても4の答えかたなどできません。そんな勇気も男らしさも持ってません。あと、パスポートも持っていません。

ほんのささいな会話ですが、けっこうむずかしいんです。しかも3で答えると「へー、クラシックとか??」 って聞かれることもあります。(そのときの気分で「はい、そうです」と答えちゃったりする)

ただ、話の中で音楽すきそうな人かなとわかったら、すきなアーティストをRadioheadと答えることにしてます。今はすごいすきってわけではないけどRadioheadって答えれば、ポストロックやらエレクトロニカ…とこまかく語るより、とりあえずきれいなのってことでわかってもらえるかなあってことで。

でもほんとはたくさん音楽語りたい(口下手なのに)。音楽をつまみにお酒を飲みたい。でもお酒は飲めない。

さっきUK JACK!見ました。またガレージロックですか。また踊れるロックですか。
ぼくはそうゆうのいいや。

Advertisements

  1. Leave a comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s